Logo

大津市イベント情報集約サイト

大津市イベント情報 > 【北部地域文化センター】第7回「ほくぶん地域塾」を開催します(8月20日、8月28日、9月4日、9月8日)【pickup】

【北部地域文化センター】第7回「ほくぶん地域塾」を開催します(8月20日、8月28日、9月4日、9月8日)【pickup】

【北部地域文化センター】第7回「ほくぶん地域塾」を開催します(8月20日、8月28日、9月4日、9月8日)【pickup】

"北部地域文化センターでは、生涯学習事業の一環として、平成6年度から学習意欲の盛んな社会人を対象に「こころ豊かに生きる」をテーマとした講座を展開しています。今年度も4つの魅力的な講座を企画いたしました。下記の募集要項をご覧になりお申し込みください。

【第1講座】大津に眠る光秀の魂~菩提寺西教寺とその周辺~
日時
8月20日(火曜)19時~20時45分(内15分は質疑応答)
講師
中島眞瑞 氏・天台眞盛宗總本山 西教寺塔頭實成坊 長臈(ちょうろう)
内容
坂本五丁目の西教寺には、明智光秀が戦没者の供養米を寄進した文書や「天正年中明智公所造之古木」と刻銘した古木が現存するなど、堂舎再建に深く関わったことが伺えるとともに、光秀はじめ明智一族の墓所が境内にあります。また、坂本付近には、山門焼き討ちで焼失後に、光秀の保護を受けたと伝わる寺院が2寺院ほどあり、あまり知られていない光秀が残した功績などをお話しします。

【第2講座】
日時
8月28日(水曜)19時~20時45分(内15分は質疑応答)
講師
高見史朗氏
地方独立行政法人 市立大津市民病院 診療局長
内容
消化器がんは生活習慣との関連が深いものが多く、日常生活での注意が必要です。また、早期発見のためには定期健診が重要です。ここでは大津市民病院での取り組みなどを含め、私たちが日常で注意しなければならない点などをわかりやすくお話しします。

【第3講座】今、なぜ白州正子なのか?~琵琶湖が語るその答え~
日時
9月4日(水曜)19時~20時45分(内15分は質疑応答)
講師
大沼芳幸氏  
(公益財団法人滋賀県文化財保護協会 普及専門委員、NPO法人歴史資源開発機構 主任研究委員)
内容
六十数年前、白州正子は文明の持つ危うさに痛烈な警鐘を鳴らし、自然を敬い生きる事の大切さを訴えました。現代社会にも繋がるこの感性は、琵琶湖を廻る旅から生まれました。白州正子の思想を琵琶湖に対する祈り、そして暮らしの文化から解説します。

【第4講座】「源氏物語」は関西弁で訳すべき?
日時
9月8日(日曜)14時~15時45分(内15分は質疑応答)

講師
中周子氏

大阪樟蔭女子大学学芸学部 国文学科教授 田辺聖子文学館副館長

内容
『源氏物語』の現代語訳はたいてい共通語ですが、関西弁を用いる方が相応しいのではないでしょうか。与謝野晶子や谷崎潤一郎の共通語による訳と比較しつつ、中井和子の京ことば訳と田辺聖子の大阪弁のパロディを読んでみましょう。関西弁で訳すことの意義と効果について、お話します。"

日程

・2019年08月20日
・2019年08月28日
・2019年09月04日
・2019年09月08日

場所 滋賀県大津市堅田二丁目

大津市北部文化センター(ホール)
料金 1,000円
35.112154 135.911374

参照サイト:大津市役所公式ホームページ

※イベントの内容・日時・場所などは変更になる場合があります。
ご参加される際は参照ページをご確認ください。

講座・教室のイベント

大津市イベント情報 > 【北部地域文化センター】第7回「ほくぶん地域塾」を開催します(8月20日、8月28日、9月4日、9月8日)【pickup】